「檀れい初めてのスペイン!魅惑のバスク…美食&絶景物語」紹介スポット

Pocket

この記事は、BS日テレ「檀れい初めてのスペイン!魅惑のバスク…美食&絶景物語」で檀れいさんが訪れた、スペイン各地の美味しいお店をまとめました。

スポンサーリンク

日本から直行便あり!マドリードの美食マーケット!!

マラビージャス市場(Mercado de Maravillas)

マドリードの人々の台所、マラビージャス市場。

新鮮な食材を取り扱う魚屋さんやお肉屋さん。

新鮮な野菜やフルーツ。

たくさんの種類のパン屋さん。

お惣菜屋さんも多く、ランチやディナー、ここでちょっと一杯飲むことができるレストランやカフェもあって、マドリード旅行には絶対訪れたい場所です。

檀れいさんが食べていた様々な種類のオリーブ、スペインならではの伝統的なパンもとっても美味しそうでした。

スポンサーリンク

サンセバスチャンの人気のバル4軒!

La Espiga

檀れいさんが1件目に待ち合わせで訪れたバールは、La Espiga。

美食の街サンセバスチャンにはたくさんのバールがあって、1度に4件巡るのは普通なんだとか。

一杯目の食前酒にオススメなのは、炭酸入りの白ワイン。

  • 営業時間:10:00〜24:00

Paco Bueno

パコ・ブエーノは、地元のお父さんたちがこよなく愛する昔の雰囲気を残したバール。

熱々出来立てが食べられる、名物エビのフリットは絶対に食べたいピンチョのひとつ。

毎日通うお父さん曰く、オムレツも美味しいそうですよ!

  • 営業時間:10:00〜15:00、17:30〜22:00(木曜日は前半のみの営業)

スポンサーリンク

Gandarias

サンセバスチャンには、およそ250件ものバールがひしめき合っています。

中でも“8月31日通り”にあるは人気のバルがたくさんあります。

Gandarias もたくさんの種類のピンチョが味わえる、味も美味しく人気のお店。

マッシュルームのピンチョは、ニンニクがよく効いて、レモンの味でさっぱりと味付けしてあります。

檀れいさんも絶賛していたウニのピンチョも500円前後、牛肉のピンチョも400円しないほどで食べられて、リーズナブルですね!

La Cuchara de San Telmo

本格的なお料理を小皿スタイルで提供してくれる、新しい形のバール。

名物メニューはフォアグラのピンチョ(約¥576)。

出来立てを食べられるのもいいですね!!

  • 営業時間:12:00〜17:00、18:00〜24:00
  • 定休日:月曜日

スポンサーリンク

バスク地方の伝統食材が味わえるレストラン

Casa Urola

地元の人々に人気のレストラン、カーサ・ウローラ。

季節の野菜や地元で収穫できる食材を使って作る芸術的な料理を作るのが、バスク料理の特徴。

アーティチョークやポルチーニ茸と行ったスペイン料理には欠かせない野菜を使った一皿が、とっても美味しそうでした!

  • 営業時間:13:00〜16:15、20:00〜23:15

Restaurante Alameda

オンダリビアにあるバスクの家庭料理と和食を融合させた、ミシュラン1つ星レストラン。

このレストランで修行した日本人シェフたちが、日本でバスク料理のレストランを開いているそうです。

スポンサーリンク

スペインおすすめホテル

メリア・バラハス(Melia Barajas)

マドリードの4つ星ホテルのメリア・バラハス。

バラハス空港にも近く、24時間送迎バスが出ていたり、豊富な食材を使った料理が味わえ、宿泊客にも喜ばれています。

ホテル近くにはレストランや観光地までもアクセスが良くて、リピーターも多いホテルになっています。

▶︎ メリア・バラハスの詳細はこちら

メリア・ビルバオ(Melia Bilbao)

ビルバオでアート鑑賞の旅に行くなら、5つ星ホテルメリア・ビルバオはいかがでしょうか。

アートな空間を感じられるロビー、シンプルながらモダンな客室、ミシュランの星を獲得したこともあるレストランでの食事ということなしのホテルです。

▶︎ メリア・ビルバオの詳細はこちら

スポンサーリンク