アナザースカイ尾上松也さんがロンドンへ!下積み時代の思い出の場所&BGM

Pocket

2016年6月8日放送の『another sky』では、歌舞伎俳優の尾上松也さんがイギリス・ロンドンを紹介してくださいました。

今から7年前、蜷川幸雄さんが歌舞伎を演出した際のロンドン公演へ同行し、10日間の滞在をしたそうです。

放送を見ていると、とても思い出深く、今の尾上松也さんを作ったとも言える場所のロンドン。

今回は、尾上松也さんが行ったロンドンの場所と、放送内で流れていたBGMをまとめたいと思います。

関連記事:

前回のゲスト▶︎▶︎アナザースカイでロサンゼルスを紹介したハリウッド女優・祐真キキさん!

▷▷ アナザースカイでロンドンを選んだ出演ゲスト一覧!

▷▷ アナザースカイでイギリスを選んだ出演ゲスト一覧!

▷▷ 2度目のロンドン「おこづかい5万円で充実旅」週末限定!食べ歩きマーケット紹介!

▷▷ チョイ住み in ロンドン お店まとめ

スポンサーリンク

尾上松也さんのアナザースカイはロンドン!

モヤモヤが募っていた7年前

今年で芸歴26年だという松也さん。

ロンドンへ行った当時は24歳で、公演の合間に若手共演者とともに主要観光スポットを制覇したという松也さんですが、まだその頃は脇役もただ座っているだけなどの役が多かったそう。

どんなに顔で笑っていても、「自分は何をすればいいんだろう」といつもどこか焦っていて、スタートラインにも立てていないと焦りばかり募らせていたと当時を振り返っていました。

歌舞伎の語源とも言われる”傾く(かぶく)”ことを表現したくても、当時はもがくだけ、ただ気持ちだけで行動に移さない男だったと、今回の旅で思い出したそうです。

父親の存在

松也さんは決して歌舞伎一家で育ったわけではなく、父親である尾上松助さん(現在は他界されています)が一代で築き上げた歌舞伎役者としての後ろ姿を見て育ちました。

名脇役と言われていた松助さんも、2度ロンドン公演の舞台に立ったそうです。

ちゃんと教わりたいと思っていた頃にはもうこの世にはいなくて、教わりきれなかったことや、歌舞伎一家で育っていないことも、コンプレックスになっていたそうです。

bodiantal / Pixabay
bodiantal / Pixabay

ロンドン帰国から半年後

2009年、初の自主公演『挑む』に挑戦。

自身でスポンサー探しから全て行い、それはそれは大変だったとか。

周囲関係者からの批判、初演の客席は半分も埋まらなかったと夜も眠れないくらい辛かった日々もあったそう。それでも続けていれば、いつか誰かが認めてくれる日が来るだろうと信じてやってきて、今では常に満員御礼で公演を続けてらっしゃるそうです。

マダムタッソー館(Madame Tussauds LONDON)

Peggy_Marco / Pixabay

7年前に訪れた際、並んでも入りたかったという蝋人形館・マダム・タッソー。

1835年(今から181年前の江戸時代!!)に蝋人形彫刻家のマリー・タッソーが創立。

最初はあの「シャーロックホームズ」で有名な”ベイカー・ストリート”に創ったが、50年後、今のメリルボン・ロードに移転しました。

東京・お台場にもありますが、今では世界中でこの蝋人形が見れるようになりました!

*Madame Tussauds LONDON

  • 住所:Marylebone Rd, Marylebone, London NW1 5LR UK
  • アクセス:地下鉄「Baker Street」駅から歩いてすぐ
  • 営業時間:【月〜金】9:00〜17:30 【土日】9:00〜18:00
  • チケット料金:(当日)大人24ポンド、子供20.50ポンド、家族82.50ポンド(+消費税)
  • HP:https://www.madametussauds.co.uk/london/en/

F.COOKE(レストラン)

kaim / Pixabay

※写真は”イギリス料理”のイメージです

イギリスでは伝統的なお料理が食べられるお店。

特にパイが人気メニューみたいですね!

中でも松也さんは”うなぎゼリー”という、イギリスでも食糧難の時代に肉の代用として食べられていた料理をどうしても食べてみたいと挑戦します。

味の感想は…。

ぜひロンドンへ行ったら、話のタネに挑戦してみてもいいかもしれません。笑

 

*F.Cooke

  • 住所:9 Broadway Market, London E8 4PH UK
  • アクセス:地下鉄「Cambridge Heath」駅から歩いて10分圏内
  • 営業時間:10:00〜19:00(金・土曜日は〜20:00)
  • F.Cookeの参考動画:F.COOKE: London’s oldest Pie and Mash shop(UKChefs)

バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)

KatarzynaBruderGulcz / Pixabay
KatarzynaBruderGulcz / Pixabay

松也さんが当時渡英した際、観光スポットのほとんどを制覇した時にも、もちろん訪れた場所。

衛兵交代式は、観客が多くいますが、ロンドンへ行ったら必ず見たい儀式のひとつです!

*Buckingham Palace

  • 所在地:London SW1A 1AA UK
  • アクセス:地下鉄「Victoria」駅から徒歩10分
         地下鉄「St. James’s Park」駅から10分
         地下鉄「Hyde Park Corner」駅から徒歩12分
         地下鉄「Green Park」駅から徒歩10分
  • HP:https://www.royalcollection.org.uk

コヴェントガーデン(Covent Garden)

theo-choi / Pixabay

ロンドンの中でも中心地にあり、選りすぐりのブランドや手作りのお店が集まる場所。

中でも、大道芸パフォーマンスをロンドンで唯一観れる場所としても有名です!

*Covent Garden

スポンサーリンク

アナザースカイBGM!尾上松也さん

尾上松也さんの回の放送で、使われていた曲(bgm)を調べました。

iTunes、YouTubeで公式MVが観ることができるのを貼っておきますので、ぜひ参考になさってください♡

まとめ 尾上松也さんにとってロンドンとは?

Unsplash / Pixabay

7年前ロンドン公演に同行した際は、進むべき道も見えずスタート地点にも立っていなかったという松也さんですが、今では当時頭の中にあったやりたいことを形にさせてもらえるようになったと話してらっしゃいました。

伝統的な歌舞伎と、伝統的なものを大切に残しているロンドンの街を重ね、自信がなかったロンドン自主公演もやってみたくなったともおっしゃっていました。

今回の放送で印象に残ったのは、自分の可能性は無限大に正解不正解が広がっているということ。でも反面、結果が出ないとそれまでだとも思っているから、プレッシャーも感じるということ。

自分のやりたいことを形に残しつつ、プロとして伝統的な歌舞伎を残しながらも受け入れられるような歌舞伎に進化させていくという松也さんの人間力を感じることができました。

今年は、歌舞伎でも観に行ってみようかな…♪

松也さんにとってロンドンは「思いを蘇らせてくれる場所」。

ぜひロンドンの旅の参考になさっていただければと思います♡

次週は西野七瀬さん(乃木坂46)が、縁のあるフランス・パリを訪れます!

▶︎▶︎アナザースカイでパリを選んだ西野七瀬さん(乃木坂46)!クロワッサンの美味しいカフェ&BGM

スポンサーリンク