「大人のヨーロッパ街歩き」オランダ ハーグ編で紹介のおすすめリスト


BS日テレで放送されている旅番組『大人のヨーロッパ街歩き アンコール』。

今回はオランダ第3の都市ハーグの旅(#131)で紹介された、おすすめのスポットをまとめました。

放送を観ていて、街並みはもちろん、美術館や素敵なカフェ、レストランも多いハーグへ行ってみたくなりました!

スポンサーリンク

ハーグ(Den Haag)

オランダの中でも、北海沿岸に位置するハーグ。

大使館や国際機関や行政機関も集まる国際都市でありながら、歴史ある建物は凛とした佇まいを見せ、お花や緑が多い街は居心地が良さそう。

アムステルダム、ロッテルダムからのアクセスもよく、オランダの列車の旅も楽しそうだなと、想像しながら観ていました♡

ホテル検索・料金比較をするならHotelsCombined(ハーグのホテル)がおすすめです。

Unsplash / Pixabay

ビネンホフ(Binnenhof)

ハーグ1の観光スポット。

国会議事堂や教会もあり、観光客だけでなくハーグに暮らす人々も利用されています。

マウリッツハイス美術館(Mauritshuis)

ビネンホフからも歩いてすぐの場所にあるマウリッツハイス美術館。

1822年に美術館になりました。

オランダの画家の作品が中心に展示されていて、レンブラントの作品も展示されています。

マウリッツハイス美術館といえば、ヨハネス・フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」!

いつか観に行ってみたいです。

Restaurant Zebedeus

スペシャリストがお気に入りのカフェレストラン。

番組でも紹介されていましたが、聖ヤコブ教会の一部をカフェにしたそう。

お店の雰囲気も素敵で、食事も美味しそうでした。

HP、インスタグラムでその様子が見れます!

スポンサーリンク

エッシャー・イン・ヘット・パレイス(Escher in Het Paleis)

エッシャーの作品といえば、だまし絵の天才。

そのエッシャーの作品が展示してある美術館は、かつて宮殿だった建物。

Hop en Stork

ガラスのアケードに覆われた、ヨーロッパ版商店街のパッサージュ。

Hop en Stork は東側の入り口にあるチョコレート専門店。

数ある種類のチョコレートは、お土産にもぴったりですね!

地元の人にも人気のあるお店で、カフェも併設されています。

Simonis

ハーグの中でも北海沿岸にある市場が経営するレストラン。

北海で水揚げされた、新鮮な魚介料理が食べられるとあって、人気があるそう。

スポンサーリンク