鈴木亮平さんアナザースカイでカンボジアへ!世界遺産アンコール遺跡探訪!


2016年2月12日の『another sky』には、俳優の鈴木亮平さんが出演し、カンボジアを紹介してくださいました。

鈴木亮平さんと言えば、役作りによって体型を変える、ハリウッドスターばりの行動力で、演技をされ私たちを魅了してくださっています。

鈴木亮平さんは英語も堪能で、英検1級を取得されていたり、世界遺産にも興味があって、世界遺産検定も取得。

興味のあることにはとことん追求するタイプかと思いきや、体型を変えて体力作りをするのは、本当は苦手だと、放送内でおっしゃってたのを聞いて、ちょっとびっくりしました。。

今回カンボジアを訪れたのは、舞台でアンコールワットと関わりのある役を演じることになったから、世界観を確認したかったからとのこと。

表現者としてのプロ意識は見習いたいですね!

今回は鈴木亮平さんが訪れたアンコールワットについてと、放送内で流れていたBGM(曲・挿入歌)をまとめたいと思います。

関連記事:

先週の放送▶︎▶︎アナザースカイでニューヨークを紹介した小山薫堂さん!

▷▷ アナザースカイ中田敦彦さんバリ島へ!結婚式を挙げたコンラッド・バリ&BGM

▷▷ 2度目のベトナム「おこづかい3万円で充実旅」お店のまとめ

[ad#co-1]

鈴木亮平さんのアナザースカイはカンボジア!

アンコールワットへの行き方・基本情報

アンコール遺跡観光の拠点地は?

アンコールワットをはじめとする遺跡群があるのは、カンボジアのシェムリアップという場所です。

シェムリアップの街から遺跡群までは、だいたい7㎞ぐらいの距離で、移動手段は車やトゥクトゥクという荷台付バイクを利用、またはツアーで向かうのが一般的なようです。

カンボジア1国に旅行される方、ベトナム旅行とセットで訪れる方が多いようですね。

日本からシェムリアップ、ベトナムからシェムリアップへの行き方を、それぞれ調べました!

  • 日本からの直行便:残念!ありませんでした。涙
  • 日本からの経由便:ホーチミン、ハノイ、バンコク経由(成田・関空、福岡、中部からあり)
  • 日本からの所要時間:7〜10時間ほど
  • ベトナムから行く場合:①ホーチミンから約1時間(ベトナム航空利用。5便/日) ②ハノイから約2時間(3〜4便/日)

※ベトナムを経由の場合、ビザが必要ですよ〜

アンコール遺跡群の基本情報

  • 遺跡観光のベストシーズンは?:乾季に入る11〜1月がベスト!
  • 入場時間:5:00〜18:00(変更している可能性もあるかもしれません)
  • 服装・持ち物について:体の露出した格好はタブー(現地の人々にとっては、神聖な場所です!)歩きやすい靴、懐中電灯、飲み水など
  • マナーやタブーについて:彫刻や遺物に触らない、立ち入り禁止区域に入らない、騒がない、女性から僧侶へ話しかけない

アンコール・ワット(Angkor Wat)

janeb13 / Pixabay

12世紀前半、創設者、スールヤヴァルマン2世が自分を神格化し、世界に誇示するために建設されたと言われている『アンコール・ワット』。

王と神がいかに偉大であるかを感じさせる創りと、ヒンドゥー教の世界観を体感できるそう。

全体を見学するのに、3時間はかかります!

  • シェムリアップから車で約15分

アンコール・トム(Angkor Thom)

Simon_Goede / Pixabay

12世紀後半、ジャヤヴァルマン7世によってつくられた『アンコール・トム』。

アンコールワットがヒンドゥー教の世界観を表現しているのに対し、こちらは少しずつ増設されていったため、遺跡によって信仰が違うそう。

創設したジャヤヴァルマン7世(仏教徒)は、民思いの王様で、国の経済と国民の生活を充実させることに力を注いだとされています。

スポンサーリンク

アナザースカイBGM!鈴木亮平さん

iTunes、YouTubeで公開されている公式MVを貼っておきますので、ぜひ聴いて参考になさってください!

まとめ 鈴木亮平さんにとってカンボジアとは?

kolibri5 / Pixabay
kolibri5 / Pixabay

鈴木亮平さんにとってカンボジアは「ギュッと濃い場所」とのこと。

プロ意識の高い亮平さんの演技を、これからも楽しみにしたいと思います。

来週は元オリンピック金メダリストで柔道家の野村忠宏さんが、サンフランシスコへ!

放送されました!▶︎▶︎【サンフランシスコ】柔道家・野村忠宏さんがアナザースカイに出演した時のBGMのまとめ

スポンサーリンク