BTSの釜山コンサート「Yet To Come in Busan」で披露した全21曲

Pocket

この記事はBTSが2022年10月に開催したコンサート【BTS in BUSAN】でBTSが歌った曲を曲目順にまとめました。

スポンサーリンク

BTS【Yet To Come in Busan】の披露した全21曲の紹介/2022年10月15日開催

MIC Drop

BTSの【MIC Drop】(マイクドロップ)は2017年に発売された楽曲です。

【MIC Drop】の作詞作曲にJ-HOPEとRMが参加しています。

Run BTS

BTSの【Run BTS】(韓国語タイトル:달려라 방탄)は2022に発売された楽曲です。

BTSの釜山コンサートで初めてファンの前で歌われました。

【RUN BTS】の作詞作曲にはジミン・ジン以外の5人、J-HOPE、V、RM、ジョングク、SUGAが参加しています。

RUN

BTSの【RUN】は2015年に発売された楽曲です。

【RUN】の作詞作曲にはジミン・ジン以外の5人、J-HOPE、V、RM、ジョングク、SUGAが参加しています。

Save ME

BTSの【Save ME】は2016年に発売された楽曲です。

【Save ME】の作詞作曲にはJ-HOPE、RM、SUGAが参加しています。

00:00 (Zero O’Clock)

BTSの【00:00 (Zero O’Clock)】は2020年に発売された楽曲で、ジョングク、JIN、ジミン、Vのボーカルライン曲です。

【00:00 (Zero O’Clock)】の作詞作曲にはRMが参加しています。

Butterfly (prologue mix)

BTSの【Butterfly】は2015年に発売された楽曲です。

【Butterfly】の作詞作曲はBTSのプロデューサーが参加しています。

『Yet To Come in Busan』で披露した【Butterfly (prologue mix)】はジョングク、JIN、ジミン、Vのボーカルラインの曲になっていて、【Butterfly】とは歌詞が異なっていることや曲の終わり方に特徴があります。

UGH!

BTSの【UGH!】(韓国語タイトル:욱)は、2020年に発売された楽曲で、SUGA、RM、J-HOPEのラップライン曲です。

【UGH!】の作詞作曲には、ラップ担当のSUGA、RM、J-HOPEの3名が参加しています。

BTS Cypher PT.3 : Killer (feat. Supreme Boi)

BTSの【BTS Cypher PT.3 : Killer (feat. Supreme Boi)】は2014年に発売された楽曲で、SUGA、RM、J-HOPEのラップライン曲です。

『BTS Cypher』は全4曲あります。

【BTS Cypher PT.3 : Killer (feat. Supreme Boi)】の作詞作曲には、ラップ担当のSUGA、RM、J-HOPEの3名が参加しています。

Supreme Boiは、防弾少年団練習生の一期生で、現在は音楽プロデューサーとして活躍しています。

Permission to Dance

BTSの【Permission to Dance】は2021年に発売した楽曲です。

【Permission to Dance】は世界的アーティストのエド・シーランが作詞作曲を担当しています。

エド・シーランがBTSに楽曲提供をするのは2019年発売の【Make It Right】以来2曲目です。

*LUVが参加したMake It Right (feat. Lauv)も素敵です!

DNA

BTSの【DNA】は2017年に発売した楽曲です。

【DNA】の作詞作曲にはRMとSUGAが参加しています。

Dynamite

BTSの【Dynamite】は2020年8月21日に発売した楽曲です。

【Dynamite】はイギリス出身のソングライターであるデイヴ・スチュワートとジェシカ・アゴンバーが作詞作曲とプロデュースを担当しました。

【Dynamite】は世界中の多くの人々に聴かれ、第63回グラミー賞「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス」部門にノミネートされました。

Boy With Luv (feat. Halsey)

BTSの【Boy With Luv (feat. Halsey)】(韓国語タイトル:작은 것들을 위한 시)は2019年に発売した楽曲で、アメリカ出身のアーティスト、ホールジーとのコラボレーション曲です。

【Boy With Luv (feat. Halsey)】の作詞作曲には、ホールジーと一緒にラップパート担当のSUGA、RM、J-HOPEの3名が参加しています。

Butter

BTSの【Butter】は2021年に発売した楽曲です。

【Butter】のラップパートの一部をRMが担当しました。

Ma City

BTSの【Ma City】(マ シティ)は2015年に発売した楽曲です。

【Ma City】の作詞作曲にはラップパート担当のSUGA、RM、J-HOPEの3名が参加しています。

Dope

BTSの【Dope】(韓国語タイトル:쩔어)は2015年に発売した楽曲です。

Dopeはよくスラング英語として用いられていて「かっこいい、やばい、最高」という意味があります。

*SNSで「dope pic!」なんてコメントに使われています

BTSの【Dope】の作詞作曲にはラップパート担当のSUGA、RM、J-HOPEの3名が参加しています。

Burning Up (FIRE)

BTSの【Burning Up (FIRE)】は2016年に発売した楽曲です。

【Burning Up (FIRE)】の作詞作曲にはSUGAとRMが参加しています。

IDOL

BTSの【IDOL】は2018年に発売した楽曲です。

【IDOL】の作詞作曲にはRMが参加しています。

EPILOGUE : Young Forever

BTSの【EPILOGUE : Young Forever】は2016年に発売した楽曲で、リーダーのRMがプロデュースに参加した初めての曲として知られています。

【EPILOGUE : Young Forever】の作詞作曲にはラップパート担当のSUGAとJ-HOPEが参加しています。

For Youth

BTSの【For Youth】は2022年に発売した楽曲です。

【For Youth】の作詞作曲にはラップパート担当のSUGA、RM、J-HOPEの3名が参加しています。

Spring Day

BTSの【Spring Day】は2017年に発売した楽曲で、RMとSUGAが作詞作曲に参加しています。

【Spring Day】の冒頭の歌詞「ポゴシプタ(보고 싶다)」という韓国語は、日本語訳で会いたいという意味です。

yet to come

BTSの【yet to come】は2022年に発売した現時点で一番新しい楽曲です。

【yet to come】の作詞作曲にはラップパート担当のSUGA、RM、J-HOPEの3名が参加しています。

世界中を魅了し続きける韓国大人気アーティストBTSの2022年10月釜山でコンサートの全てを記録した映画『BTS:Yet To Come in Cinema』が2023年2月1日より全世界同時公開が決定しました。

2023年1月11日(水)から前売りチケットも発売になります。

ぜひ映画を観る前の予習復習に聴いてみてください。