【アナザースカイ bgm】モーリー・ロバートソン 2019年6月7日

Pocket

国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさんのアナザースカイⅡで旅されたのは、母校のハーバード大学。

この記事は2019年6月7日のモーリー・ロバートソンさんアナザースカイで流れたBGM(曲・挿入歌)をまとめました。

アナザースカイをもう一度観たい方・見逃した方、「アナザースカイⅡ」はHuluで観れるようになりました!!

チェック!! アナザースカイⅡ モーリー・ロバートソン ハーバード大学(6月7日放送)|Hulu

チェック!! アナザースカイⅡ 今田美桜・福岡&沖縄(5月31日放送)|Hulu

hulu

スポンサーリンク

モーリー・ロバートソンさんのアナザースカイⅡ

BGM & 紹介リスト

ハーバード大学(Harvard University

アメリカマサチューセッツ州にあるハーバード大学が、モーリー。ロバートソンさんのアナザースカイ。

1636年設立、日本では江戸時代初期にできたアメリカで最も歴史の古い私立大学。

大学の一部は、一般開放され観光することもできます。

ハーバード大学を紹介している時のBGM

バーンスタインなど世界的なクラシック音楽家を輩出した由緒ある学科でも知られる、ハーバード大の音楽部で電子音楽を専攻したモーリーさん。

DJとしても活躍しているモーリーさんのもう一つの顔を見ることができました!

電子音楽を専攻している話の時のBGM

  1. ライディーン(YMO)
  2. Backlash(フレディ・ハバード)

音楽学科だけでは単位が足りず、その後、視覚環境学科にも入り、映像と音楽を組み合わせたアニメーション映像を作り、「物体を動かしたアニメーションと電子音楽のモンタージュ」というテーマの卒業制作を提出したそうです。

ちなみに視覚環境学科は、映画ララ・ランドの監督、デイミアン・チャゼル監督も卒業した学科だそう。

視覚環境学科の思い出の校舎を訪れた時のBGM

ハーバード大学はとにかく毎日の課題や卒業のハードルが高く、モーリーさんはカウンセリングに通ったり、3年間休学したりしてやっとの思いで卒業したそうです。

でも、ハーバード大学での学生生活が、社会に出た時に思い通りにならないことが当たり前だと教えてもらった、とても貴重な時間だったと話していました。

現役ハーバード大生との対談で流れていたBGM

ハーバード大学のモットーは「Mover & Shaker」ということを教えてくれたモーリーさん。

モノを動かす、そしてモノを揺さぶるという観点。

今後、日本の続いてきた文化の仕組みを変えるきっかけになりたいと話されていました。

今後のお仕事について話していた時のBGM

スポンサーリンク

Smack & Bolio’s

地元のアイスクリームチェーン店。

モーリーさんが選んだアイスは、ショートケーキ風味のアイスクリームに、オレオ・M&M’s・ココナッツなどをトッピングしたスペースケーキ&オリジナル・オレオでした。

モーリーさんがSmack & Bolio’sでアイスを食べていた時のBGM

Causeway Boston

モーリーさんと同大学でバンドメンバーだったデビッドさんが再会し、当時の話を懐かしんでいたバーは、ボストンでも人気のバーベキュー店。

モーリーさんとデビッドさんが思い出話をしている時のBGM

  1. 新型キャデラック(ザ・クラッシュ)

  2. King Rocker(Generation X)

スポンサーリンク

CAFE PAMPLONA

学生時代何百回と行き、今でも定期的に夢をみるほどお気に入りだったカフェ。

モーリーさんが必ず食べていたのが、ガスパッチョと真夜中という意味のサンドイッチ「メディアノーチェ」とプリンでした。

昔のままの味を懐かしんでいました。

アナザースカイをもう一度観たい方・見逃した方、「アナザースカイⅡ」はHuluで観れるようになりました!

チェック!! アナザースカイ モーリー・ロバートソン ハーバード大学(6月7日放送)|Hulu

チェック!! アナザースカイⅡ 森星・ニューヨーク(6月14日放送)|Hulu

hulu

生き抜いてよかった場所。思い通りにならないということを確信した場所。

スポンサーリンク