萬田久子さんがアナザースカイでロンドンへ!語学留学の思い出の場所&BGM

Pocket

2013年7月19日に放送された『another sky』には、女優の萬田久子さんが出演し、イギリス・ロンドンを”第2の故郷”とご紹介されました!

私個人的に、この萬田さんの回大好きなんです!

年齢や自分の重ねてきた人生に言い訳をせずに、自分らしく生きている姿に魅了されちゃうから、何度も何度も録画を観てしまいます♡

今回は、萬田久子さんがロンドンで訪れた場所と、放送内で流れていたBGMをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

萬田久子さんのアナザースカイはロンドン!

xxolgaxx / Pixabay
xxolgaxx / Pixabay

Grange Portland Hotel(アパートメントホテル)

萬田久子さんが、ロンドン語学留学中に滞在していたホテルはグランジ ボレリス(Grange Portland)

キッチンも付いていて、長期滞在やちょい住みするような旅行がしたい方にはぴったりのホテル。

住環境も良くて、近くには大英博物館やロンドン大学、少し歩けばソーホーなどもあって、ロンドン観光をするのにも便利な場所みたいです。

私は今度ロンドン滞在するなら、このホテルと決めてます!

ロンドンのホテル検索・料金比較をするなら▷▷ HotelsCombined(ロンドンのホテル)

OISE London(語学学校)

萬田久子さんが通っていた、ロンドンの語学学校。

様々なコースが設けられたこの学校は、少人数制、しかも世界各国から集まった大人の学習者に人気があります。

若い子に混ざって勉強するのは抵抗がある…と、留学を諦めている方にはぴったりかもしれませんね!

The British Museum(大英博物館)

世界でも最大規模の博物館のひとつ。

私が中学生の頃は社会の教科書に、Rosetta stone(ロゼッタ・ストーン)や猫のミイラ、ラムセス2世像が掲載されていましたが、それが観れるのが、ここ大英博物館です。

私も10年以上前に訪れたことがありますが、大きくて1日では見切れません。

観光客以外にも、地元の学生さんたちが見学に来て勉強したりデッサンしてました!

入館料が無料という情報もありますが、”寄付制”だったと思います。

*大英博物館

MANOLO BLAHNIK(マノロブラニク)

※マノロブラニクの参考動画:Cover Star: When Rihanna Met Manolo( British Vogue)

もう世界中の女性の憧れの靴ブランド♡

この靴が最も有名になったのは、大人気アメリカドラマ『SATC』でサラジェシカ・パーカーさん演じる主人公・キャリーが愛してやまない靴として何度も出ていました。

映画版では、恋人・ビッグがマノロブラニクのブルーのパンプスをキャリーに履かせながらプロポーズをするシーンで、また女性の心にときめきを植え付けちゃいました♡

一点ものであることも多い為、ロンドンでお気に入りを見つけたら絶対に買いですよ!!

*マノロブラニク

  • 住所:9-51 Old Church St, Chelsea, London SW3 5BS
  • 営業時間:(平日)10:00〜17:30、(土曜日)13:00〜17:00
  • 定休日:日曜日

World’s End(ワールズエンド)

※ワールズエンドの参考動画:Standing outside the Worlds End shop on Kings Road Chelsea, London U.K. – 3rd July 2011(Travels in India, London & the UK)

*World’s End

  • 住所:430 King’s Road, Chelsea London, SW10 0LR
  • 最寄り駅:地下鉄サークル/ディストリクト線「Slone Sqare(スローン・スクエア)」駅
  • 営業時間:10:00〜18:00
  • 定休日:日曜日
  • HP:http://worldsendshop.co.uk

スポンサーリンク

アナザースカイBGM!萬田久子さん

萬田久子さんの回で流れていたBGMを調べました!

萬田さんのこれまでの人生や、ロンドンでの生活を引き立てるような、女性シンガーの曲が中心。

全部素敵な曲ばかりでした♡

  1. London BoundJust Handshakes)

  2. DanceThe Sherry’s)

  3. Be Nice To MeRumer)

  4. Strife (feat. Hydroponikz & Anika)Incise

  5. Out Of My League(Fitz And The Tantrums)

  6. So MystifyingThe Kinks)

  7. Not Fair(Lily Allen

  8. Wings(Little Mix)

  9. Crescendo(Little Boots)

  10. Tears Of Joy(Faith Evans)

  11. Doin’ Just FineGabriel Tajeu)

スポンサーリンク